立体総合芸術家のartisanist(アーティザニスト)が運営するブログです。
作品(アクセサリー・陶器・ミニチュア・その他色々)の紹介や、参加予定のイベント案内、制作していて感じた事…。
このブログはリンクフリーです。
連絡無しでも構いませんが、紹介・宣伝された時は一言頂けると僕が喜びます(笑)
方鼎(ほうてい)完成!!
0
    こんばんは。
    2月も半ばですが、先月は更新出来なかった為、2014年初の更新です。
    相変わらずスローペースですが、ブログは続けていくつもりなのでこれからも宜しくお願いしますぺこり

    先日、9月からず〜〜っと彫金教室で作っていた方鼎がやっと完成しました!
    いやぁ〜、長かったなぁ…。
    彫金初心者の癖に、2つ目の作品にしていきなり箱形?に挑戦したせいだと思いますがイヒヒ
    細かい所は粗だらけですが、何とかそれなりの形に仕上がってくれたので良かったですラッキー

    【方鼎(ほうてい)とは…古代中国の儀式用の器。箱に脚がついたような形】

    以下、前回の続きから完成迄です。
    ※画像をクリックすると、大きい画像で見れます。

    組み立て中
    ◇曲げる
     なます(バーナーで銅板を熱して曲げやすい状態にする)
      ↓
     銅板を万力で挟み、銅板に木片を当て、木片ごと木槌で打って45°位まで曲げていく。
      ↓
     両側曲がったら、銅板の間にサイズをあわせた木片を入れた状態で万力で挟んで締上げて、コの字形にする。
      ↓
     底面の角の丸みをとる為に、サイズをあわせた木片を挟んだ状態でその木片に細い木片を当て、木槌で打つ。
     ↑迄で、箱部分の正面・背面・底面がコの字形に。この後の曲げと角度調整が凄く時間がかかったのですが、基本は上と似たような事を延々と繰り返しているだけなので、省略します。

    ◇リベット打ちの為の穴あけ
     と に か く 頑 張 っ て 良い感じに銅板が組み合わさるようになったら、両端の曲げた部分に目印をつけ、穴を開ける。

    ◇ロウ付け(銅ロウ)
     側面がない状態で箱の底面の穴に脚をはめ、正面から見た時の脚の角度が作りたい角度になるように置く。
      ↓
     全体をよくバーナーで熱する。
      ↓
     箱の内側から、脚をはめた穴を挟むように、棒状の銅ロウを短く切ったものを穴の前後に置く。
      ↓
     箱の上からと脚の下から同時にバーナーでよく熱する。銅ロウがしっかり流れてくっつく迄やる。

    リベット打ちリベットアップ
       ◇リベット打ち
     開けておいた穴にリベットを通し、棒の部分が少し出ている状態でニッパーでカットし、断面にヤスリをかける。
      ↓
     金床(金属の台)にさっきカットした側が上に来るように置き、オタフク(金槌のようなもの)でリベットの真上から真直ぐ叩く。リベットが円柱状になって外れなくなるまでやる。
      ↓
     側面のでっぱりや、板のゆがみ等を修正する。
      ↓
     イモ槌(細い金槌のようなもの)で円柱状になったリベットを斜め上から軽い力加減でぐるっと叩いて、釘っぽい丸い形にする。

    加工前・正面加工前・側面加工前・上加工前・下
    ◇ヤスリがけ
     今回は表面は荒らした感じにしたかったので、上下と両端の高さや断面をあわせる程度にヤスリがけ。

    で、形は出来たのですが、今回は赤黒く?してみました。
    黄色っぽい色も入って、面白くなっていますラッキー

    加工後・正面加工後・側面
    ◇仕上げ
     全体をバーナーでよく熱する。
      ↓
     ホウ砂液につける。
      ↓
     上記を好みの色になる迄繰り返す。
      ↓
     水につけて冷まし、拭いたら 完 成 ! !

    当初は昔の青銅器っぽい色にしようかと思っていたのですが、それだと表面の加工が剝がれる可能性があるとの事だったので、この色にしました。
    これはこれで、廃墟の扉っぽい感じでいいわーい

    【近況報告】
    次の彫金作品は、鎖のブレスレット兼ストラップ(予定)
    現在制作中です!

    JUGEMテーマ:アート・デザイン
    JUGEMテーマ:ミニチュア
    JUGEMテーマ:彫金

    02:03 Gallery(Blog版) comments(0) trackbacks(0)
    comment









    trackback
    トラックバック機能は終了しました。
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    PROFILE
    NEW ENTRY
    CATEGORY
    MOBILE
    qrcode
    COMMENT
    ARCHIVE
    LINKS
    Twitter